トップページ | 歯の衛生週間に口臭を意識しよう »

虫歯予防デーの由来と歴史

虫歯予防デーはなんと1928年から制定されていた。
歴史は意外と古く、1928年から1938年までは虫歯予防デー
1958年からは、6月4日の1日間だけではなく、6月4日から6月10日までを歯の衛生週間とされることとなった。

これは毎年同じ日に制定されており、歯を大切にしようという週間である。

奥歯1本を失っただけでも、噛む力はなんと35%も低下するという。

虫歯予防デーには各地の小学校や福祉センターなど様々な機関で歯に関するイベントをしており、虫歯を作りにくくする事や、虫歯が出来ると歯周病や口臭の原因にもなることなどを教えている。

虫歯を予防することで歯周病予防となり、そして多くの人が悩んでいる
口臭を予防することが出来る。

>>虫歯予防デーに学びたい口臭のしくみ<<

参考サイト

口臭外来をお探しですか?

口の汚れが目で見える?それが口臭っ!

自分の口が臭い事に気づきましょう

|

トップページ | 歯の衛生週間に口臭を意識しよう »

虫歯予防デー」カテゴリの記事